アメリカ 小売売上高 2月

アメリカの小売売上高。

予想よりもいい数字だったようで、強いドルに拍車がかかっているようです。

しっかり95円を超えて、96円に達しています。

 

こういう指標発表で気にしたい点があります。

それは、

 

「実際に数字の大小が影響するわけではない」

ということです。

 

例えば、ある日、「日本の政策金利を10%にします!」という発表があったとして。

この「10%」という数字が、予想よりも高かったかどうかというところがポイントです。

 

「予想よりも」大きいか、小さいかというところです。

前の例で言うと、予想が15%だったら、市場には失望感が広がり、円を売られます。

予想が5%だったら、市場は好感して、円が買われます。

 

そのときどきの市場の状況にもよりますから、一概にこうとは言えませんが、

基本的にはこんな感じです。

 

「予想よりも」というポイントをしっかり意識して数字を見てみてくださいね。

スポンサードリンク

カテゴリー: FXニュース | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://fx-information.net/%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab-%e5%b0%8f%e5%a3%b2%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e9%ab%98-2%e6%9c%88.html/trackback

FX情報ブログの上へ