キプロスショックの影響は意外に大きい

未だに引きずっていますね。

ドイツがキプロスに迫ったという預金税。

 

背景にはキプロスの預金口座がマネーロンダリングの温床になっているという懸念があります。

これだけ公に動いたということは、まず間違いないのでしょう。

 

そこにロシアが絡んでいたのが一番の誤算だったのでしょうか。

知らなかったということはないと思うんですけど。

 

その影響もあり、ユーロや米ドルが安く、円が高くなっています。

円が高いというより、他が下がっただけです。

 

為替レートは相対的に決まりますから、たとえ日本がどれだけ弱くても、

その他の国がもっと弱ければ、円高になります。

 

この傾向はドイツも予想しいていなかったことでしょう。

どういう風に収束させていくんでしょうか。。。

この先が気になります。

スポンサードリンク

カテゴリー: FXニュース | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://fx-information.net/%e3%82%ad%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%81%af%e6%84%8f%e5%a4%96%e3%81%ab%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%84.html/trackback

FX情報ブログの上へ