トラリピの設定について学んでみました。

トラリピの設定にについて、改めて学んでみました。

 

どう考えてもいちばん大事なのはレンジ設定です。

レンジ幅をどうするかということがいちばん重要で難しい。

そう感じます。

 

大事だなと感じたのが、「頭と尻尾はくれてやれ」ですね。

欲張らずに中心となる、リスクの少ないレンジ設定をする。

そういうことです。

 

例えば、買いトラリピを上下広く設定していると、高値づかみしてしまいます。

そして、安すぎる設定では約定せずに設定の無駄ということになります。

だからこそ、欲張らずにレンジ設定をすることがリスクが少なく利益も増える設定になるんだろうということです。

 

改めて勉強してみると、当たり前のことでした。

ただ、自分のこととなると当たり前のことを当たり前にできないというのも事実。

できるだけ客観的に見て、リスクの少ない設定をしていきましょう。

 

公式サイト

↓ ↓ ↓

マネースクウェア・ジャパン

スポンサードリンク

カテゴリー: システムトレード・シストレ | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://fx-information.net/%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%94%e3%81%ae%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e5%ad%a6%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%82.html/trackback

FX情報ブログの上へ