取引単位とは

取引単位とは、例えば、何ドル単位で取引できるかということです。

 

今のところ、

1通貨、

100通貨、

1000通貨、

10000通貨、

という取引単位があります。

 

例えば、1通貨からなら1ドルで取引できるということです。

レバレッジをかければ5円くらいで取引できるということですね。

 

取引単位は小さいほうがいいです。

取引を追加するときに10000通貨(例えば1万ドル)を追加するのって、

なかなか勇気がいることだし、慎重にするべきことです。

 

でも、1000通貨で取引できるところなら、

1000通貨だけ追加できるし、もちろん10000通貨追加することもできます。

小さいほうがユーザーには有利ということは分かってもらえると思います。

 

また、小さい取引単位で取引できる口座もご紹介しますね。

スポンサードリンク

カテゴリー: FXについて | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://fx-information.net/%e5%8f%96%e5%bc%95%e5%8d%98%e4%bd%8d%e3%81%a8%e3%81%af.html/trackback

FX情報ブログの上へ